最高級財布 ジョージブライドルロイヤルウォレット

ジョージブライドルロイヤルウォレットはブライドルレザーの魅力を最も感じやすい長財布です

長財布、特にラウンファスナー長財布の財布をココマイスターで購入したいと思っている方には、ジョージブライドルロイヤルウォレットをおすすめしたいです。

ココマイスターだからこそ可能にした最高級の財布だからです。

実際に購入した人のレビューには、ジョージブライドルロイヤルウォレットを選んだ理由が記されています。

それらココマイスターのジョージブライドルロイヤルウォレットの魅力を以下にまとめてみました。

 

 

ブライドルレザーの高級な香りを楽しめる

本革の中でもブライドルレザーの香りは独特です。
私は高級感を感じます。

特にジョージブライドルロイヤルウォレットは内装もブライドルレザーですから、財布の中に香りがこもるのでしょうね。

ファスナーを開けた時に、財布の中から香りが鼻先に向けて立ち上がって来ます。
それがなんとも言えないのです。


ジョージブライドルロイヤルウォレット

ジョージブライドルロイヤルウォレットを購入した人のレビューにも、革の香りが心地よいと表現されている方もいますね。

これはジョージブライドルロイヤルウォレットならではの楽しみだと思います。

 

軽くて丈夫なラウンドファスナー長財布

ブライドルレザーは馬具に使われるので、堅牢な皮革です。

実際に購入した人には、丈夫なので長持ちしそうな点を評価している方もいますね。

しかも、ブライドルレザーは軽いのです。

例えば、ロンドンブライドルグラディアトゥールの場合、210グラムの重さに対して
ジョージブライドルロイヤルウォレットの場合、170グラムです。

この軽さがイイ!と評価する人が結構いますね。


ジョージブライドルロイヤルウォレット

 

内装のブライドルレザーの硬さには慣らしが必要

ロンドンブライドルの比較という意味では、実際に購入した方のレビューでは、
ジョージブライドルロイヤルウォレットよりロンドンブライドルグラディアトゥールの方がイイ点が2つ程、指摘されています。

初め革が硬い

ブライドルレザーは堅牢な分、革の柔軟性がある皮革とは言えません。

だからカードポケットなどは、初め使い難いでしょう。
革が慣れて来ると出し入れがし易くなると思います。

ロンドンブライドルグラディアトゥールの内装は柔らかいマットーネです。
柔軟性があるので、扱いがとてもし易いです。

でも、どちらにしても使用頻度が高いカードはカードポケットではなく、フリーポケットに入れることになるでしょう。

ファスナーを閉めてしまえば、落とす心配もないので、それ程、実用的に困る事はないと思います。


 

製造待ちが多い

ココマイスターの財布は職人による手作りです。

硬いブライドルレザーを内装に使うのは、職人にとっても手間がかかるとの事です。

それ故、ジョージブライドルロイヤルウォレットは製造待ちになっている時が結構、多いのです。

一方、ロンドンブライドルグラディアトゥールは、内装は柔らかいマットーネですから、作り易いのでしょうね。

生産体制も充実している様です。

だから、待たずに買い易い!

この点では、ロンドンブライドルグラディアトゥールに分があるというわけです。

 

薄いラウンファスナー長財布

ラウンドファスナー長財布はどれも同じ構成なので、厚みの違いを感じるなんて事は無いと私は思っていました。

でも、実際に購入した人のレビューでは、
ジョージブライドルロイヤルウォレットは薄い!と評価している人が目立ちます。

ロンドンブライドルグラディアトゥールが、厚さ2.2センチに対して、
ジョージブライドルロイヤルウォレットは2センチです。

数値上ではわずかに薄い事になっています。

  • スーツの胸ポケットにも収まる
  • 薄くてとても軽い
  • 軽くて丈夫そう

・・・と、ジョージブライドルロイヤルウォレットは好評です。



 

ジョージブライドルロイヤルウォレットの人気の色は?

スーツに似合うブラックを選ぶ人が多いというのは、私の予想通りですが、実際に購入した人のレビューを見ると他にも人気がありますね。

私が気づいた所では、ブラック以外は以下の3つの色の評価がいいです。